コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジーズ・アリー・アルミスリー ‘Azīz ‘Alī al‐Miṣrī

世界大百科事典 第2版の解説

アジーズ・アリー・アルミスリー【‘Azīz ‘Alī al‐Miṣrī】

1878‐1965
エジプト生れのアラブ民族運動指導者。1904年イスタンブールの軍事アカデミーを卒業し,マケドニアに配属される。そこで青年トルコ党の将校組織に参加。09年青年トルコ党革命がオスマン主義を顕在化させると,オスマン帝国内でのアラブ自治要求運動の組織化にとりくむ。イエメンのオスマン帝国からの自立化の実現やリビアの反イタリア民族闘争の高揚に助力する一方,14年〈カフターン会〉や軍人組織〈アフド(盟約)〉を結成,第1次大戦下のアラブ独立運動の中核部分を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジーズ・アリー・アルミスリーの関連キーワードサーダート

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android