盟約(読み)めいやく

精選版 日本国語大辞典「盟約」の解説

めい‐やく【盟約】

〘名〙 かたく誓って約束すること。また、その約束。かたい約束。
※南游集(1364頃)寄帰源侍者「一世相従猶是少、三生盟約更何期」
※読史余論(1712)三「若盟約の如く持明院殿、大覚寺殿の御末をかはるがはる帝位に付け申さなければ」 〔戦国策‐斉策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「盟約」の解説

【盟約】めいやく

盟誓。〔周礼、秋官、大司冦〕の大は、其の書に(のぞ)み、之れを天府(のぼ)す。

字通「盟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android