コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジーズ al‐‘Azīz

世界大百科事典 第2版の解説

アジーズ【al‐‘Azīz】

955‐996
ファーティマ朝第5代カリフ。在位975‐996年。父ムイッズを継いでカリフとなる。彼の治世はファーティマ朝の版図が最大となり,エジプトがもっとも繁栄した時である。内政面では宰相(ワジール)イブン・キッリスIbn Killis(930‐991)に代表されるようにユダヤ教徒,キリスト教徒を官僚として採用し,エジプトに経済的繁栄をもたらした。外交的には,ビザンティン帝国とアッバース朝に対する戦いの根拠地としてのシリアの平定が活動の中心であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジーズの関連キーワードサイイド・アフマド・バレールビーヒュセイン・アブニ・パシャフサイン・b.アリーエミール ファウサルドクトル・ファドルパン・イスラム主義イブン・サウード家イブン・ユーヌスミドハト・パシャイブン・ユーヌスメシュルティエト青年チュニジア党ビン・ラディンフアト・パシャサウジアラビアバレンシア王国ハーキムモスクワッハーブ派新オスマン人ヘディーウ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジーズの関連情報