コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスクレピオン Asklepieion/Ασκληπιείον

デジタル大辞泉の解説

アスクレピオン(Asklepieion/Ασκληπιείον)

ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶコス島の北東部にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオス聖域であり、医師ヒポクラテスが創設した治療院、医学校があった場所と考えられている。ドリス式イオニア式の神殿のほか、古代ローマ時代に造られた浴場の跡などが残っている。アスクレピオスの遺跡
トルコ西部の都市ベルガマ(古代都市ペルガモン)にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオスの聖域であり、治療院、劇場、図書館などがあったと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アスクレピオンの関連キーワードペルガモンとその重層的な文化的景観エーゲ海

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android