コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスクレピオン Asklepieion/Ασκληπιείον

デジタル大辞泉の解説

アスクレピオン(Asklepieion/Ασκληπιείον)

ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶコス島の北東部にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオス聖域であり、医師ヒポクラテスが創設した治療院、医学校があった場所と考えられている。ドリス式イオニア式の神殿のほか、古代ローマ時代に造られた浴場の跡などが残っている。アスクレピオスの遺跡
トルコ西部の都市ベルガマ(古代都市ペルガモン)にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオスの聖域であり、治療院、劇場、図書館などがあったと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アスクレピオンの関連キーワードペルガモンとその重層的な文化的景観エーゲ海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android