コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスピレーター アスピレーターaspirator

翻訳|aspirator

3件 の用語解説(アスピレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アスピレーター(aspirator)

減圧状態を作り出すための器具。流体として水を利用し、ベンチュリ効果により減圧を行う。この用途のための小型の水流ポンプを指すこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アスピレーター【aspirator】

一般に気体を吸引・排気するための装置をいう。化学実験室などでは,水道水の噴流を利用する簡単なガラス製の水流ポンプをさす。これはドイツのR.W.ブンゼンによって考案されたもので,図のAを水道の蛇口につなぎ,先端の細くなったガラス管から水道水を噴出させることによって周囲の気体を吸引し,側管Bでつないだ容器内を減圧する。このときBと容器の間に逆流どめをおくのが普通である。到達真空度は10mmHg程度。【中原 勝儼】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アスピレーター【aspirator】

(ガス・液体の)吸入器。吸引器。吸引ポンプ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone