コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスピレーター aspirator

翻訳|aspirator

世界大百科事典 第2版の解説

アスピレーター【aspirator】

一般に気体を吸引・排気するための装置をいう。化学実験室などでは,水道水の噴流を利用する簡単なガラス製の水流ポンプをさす。これはドイツのR.W.ブンゼンによって考案されたもので,図のAを水道の蛇口につなぎ,先端の細くなったガラス管から水道水を噴出させることによって周囲の気体を吸引し,側管Bでつないだ容器内を減圧する。このときBと容器の間に逆流どめをおくのが普通である。到達真空度は10mmHg程度。【中原 勝儼】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アスピレーター【aspirator】

(ガス・液体の)吸入器。吸引器。吸引ポンプ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アスピレーターの関連キーワード吸入器蒸気圧吸引器液体ガス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android