アスペンドゥス(英語表記)Aspendus; Aspendos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスペンドゥス
Aspendus; Aspendos

トルコのパンフリア古代都市。ギリシア名アスペンドス。現ベルキス。アルゴス人の植民市といわれる。前 333年アレクサンドロス3世 (大王) によって占領され,前 133年にはローマの支配下に入った。ローマ皇帝マルクス・アウレリウスを記念した劇場は小アジアのみならず世界最高ともいわれ,ソロモンシバの女王とも結びつけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android