コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズマシロカネソウ あずましろかねそう

1件 の用語解説(アズマシロカネソウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズマシロカネソウ
あずましろかねそう / 東白銀草
[学]Dichocarpum nipponicum (Franch.) W. T. Wang et Hsiao

キンポウゲ科の小形の多年草。根茎には幅広い鱗片(りんぺん)が密生する。茎は高さ10~25センチメートル。根出葉はない。茎葉は1回3出の複葉である。花は5~6月、茎の先に1~3個つき、径約1センチメートル、黄緑色で全開しない。本州の日本海側の山地の沢沿いの湿った所に生える。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアズマシロカネソウの言及

【シロカネソウ】より

…本州中部の太平洋側の主として温帯に分布する。 近縁のアズマシロカネソウD.nipponicum (Franch.) W.T.Wang et Hsiao(=Isopyrum nipponicum Franch.)は,シロカネソウに比べて,根茎は発達し,大きな鱗片を密につける。花は黄緑色,半開し,やや垂れ下がって咲く。…

※「アズマシロカネソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone