コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセト酢酸エステル合成 あせとさくさんえすてるごうせい

世界大百科事典内のアセト酢酸エステル合成の言及

【アセト酢酸】より

…これら互変異性体を別個に単離することも可能である。エチルアルコール中ナトリウムと反応して生成するエノラート陰イオンにハロゲン化アルキルを作用させると,活性メチレンのアルキル化が起こる(アセト酢酸エステル合成)。得られたアルキル置換体を希酸または希アルカリで加水分解し,加熱すると脱炭酸が起こって,アルキル置換アセトンCH3CORR′Hが生成する(ケトン分解)。…

※「アセト酢酸エステル合成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報