コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼルリドー城 アゼルリドーじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

アゼルリドーじょう【アゼルリドー城】

フランス中部、ロワール地方の都市トゥール(Tours)の南西26km、ロワール川の支流アンドル川の中洲に建っている古城。ロワール渓谷の古城群のなかでも屈指の美しさを持つと評されている。文豪バルザック(Honore de Balzac、1799~1850年)は、この城を「アンドルにきらめくダイヤモンド」と表現している。ここには古くから城塞があったが、1417年に、即位前のフランス王シャルル7世により破壊され廃墟となったが、フランソワ1世(在位:1515~1547年)のもとで徴税官兼トゥール市長を務めていたジル・ベルトロが、1518~1527年にかけて初期フランスルネサンス様式の城として再建した。◇ベルトロは王から横領を疑われ、アゼルリドー城を未完のまま残して逃亡して、城は没収され、イタリア遠征に功績のあった臣下のアントワンヌ・ラファンに報酬として与えられた。その後、城主は次々に変わったが、20世紀の初めにフランス政府が購入し、内装を一新して、ルネサンス期のコレクションを展示する城となった。現在、城は一般公開されていて、内部を見学できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アゼルリドー城の関連キーワードアゼールリドー城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android