コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタマアブ Pipunculidae; big-headed fly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタマアブ
Pipunculidae; big-headed fly

双翅目アタマアブ科に属する昆虫の総称。体長4~5mm内外の小型のハエで,体は比較的細いが,頭部は球形で大きく,大部分が複眼で占められる。触角は短小。翅は細長く,体長よりはるかに長い。肢は細いがじょうぶで,腿節はやや太く,その下面に小さい棘状突起が並ぶ。幼虫は無頭で,ウンカヨコバイメクラカメムシなどに寄生する。成虫は空中に静止するように飛ぶ。日本ではツマグロキアタマアブ Eudorylas multillatusなど 20種程度が知られているのみで,まだあまり研究されていない。 (→アブ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタマアブ
あたまあぶ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アタマアブの関連キーワードハエ(蠅)熊本頭虻頭虻天敵

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android