コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタマアブ(英語表記)Pipunculidae; big-headed fly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタマアブ
Pipunculidae; big-headed fly

双翅目アタマアブ科に属する昆虫の総称。体長4~5mm内外の小型のハエで,体は比較的細いが,頭部は球形で大きく,大部分が複眼で占められる。触角は短小。翅は細長く,体長よりはるかに長い。肢は細いがじょうぶで,腿節はやや太く,その下面に小さい棘状突起が並ぶ。幼虫は無頭で,ウンカヨコバイメクラカメムシなどに寄生する。成虫は空中に静止するように飛ぶ。日本ではツマグロキアタマアブ Eudorylas multillatusなど 20種程度が知られているのみで,まだあまり研究されていない。 (→アブ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android