コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダム・マリク Adam Malik

世界大百科事典 第2版の解説

アダム・マリク【Adam Malik】

1917‐84
インドネシアの政治家。北スマトラのプマタン・シアンタール生れ。1937年インドネシア最初の通信社(のちのアンタラ通信)を設立しジャーナリストとして活動。第2次大戦前から独立運動に参加,45年8月17日の独立宣言に際し新しい世代の一人としてスカルノ,ハッタら旧世代民族主義者を突き上げ,宣言を強行させた。48‐64年,タン・マラカが創設したムルバ党の中央執行委員をつとめ,56年国会議員に選出。その後ソ連・ポーランド大使などを経て66年外相に就任し,インドネシアの国連復帰を実現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アダム・マリクの関連キーワードマリク(Adam Malik)モフタル・ルビスK. スカルニミナンカバウタン・マラカスカルニ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android