アダム・マリク(英語表記)Adam Malik

世界大百科事典 第2版の解説

アダム・マリク【Adam Malik】

1917‐84
インドネシアの政治家。北スマトラのプマタン・シアンタール生れ。1937年インドネシア最初の通信社(のちのアンタラ通信)を設立しジャーナリストとして活動。第2次大戦前から独立運動に参加,45年8月17日の独立宣言に際し新しい世代の一人としてスカルノ,ハッタら旧世代民族主義者を突き上げ,宣言を強行させた。48‐64年,タン・マラカが創設したムルバ党の中央執行委員をつとめ,56年国会議員に選出。その後ソ連・ポーランド大使などを経て66年外相に就任し,インドネシアの国連復帰を実現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android