選出(読み)よりだす

精選版 日本国語大辞典「選出」の解説

より‐だ・す【選出】

〘他サ五(四)〙
① より分けて外に出す。多くのものの中から、目的に合うものをえり抜いて取り出す。選び出す。えりだす。
※浪化宛去来書簡‐元祿七年(1694)五月一三日「さるみの集にて、翁の句をより出し被成候而、御らん可成候」
② 選ぶことを始める。

えらみ‐だ・す【選出】

〘他サ四〙 =えらびだす(選出)
※天草本平家(1592)二「ヨリマサ ヲ yerami(エラミ) dasarete(ダサレテ)
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「京・江戸・大坂三ケの津へのとし神は、中にも徳のそなはりしをゑらみ出し」

えらび‐だ・す【選出】

〘他サ五(四)〙 多くのものの中から、目的に合うものを出す。せんしゅつする。えらびいだす。えらみだす。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※安井夫人(1914)〈森鴎外〉「仲平のよめは早くから気心を識り合った娘の中から選び出す外ない」

すぐり‐いだ・す【選出】

〘他サ四〙 最も良い物を取り出す。抜きんでたものをえらび出す。すぐりだす。
※金刀比羅本平治(1220頃か)常葉六波羅に参る事「都の中よりみめよき女を千人そろへて、そのなかより百人、又百人が中より十人すぐりいだされける」

えり‐だ・す【選出】

〘他サ五(四)〙 多くのものの中から、目的に合うものを取り出す。えりいだす。えりいず。
※俳諧・曠野(1689)二「草刈て菫選(エリ)出す童かな」

えり‐いだ・す【選出】

〘他サ四〙 =えりだす(選出)
※宇津保(970‐999頃)内侍督「内蔵寮(くらづかさ)のきぬのかぎり、になき、えりいだして」

えり‐い・ず ‥いづ【選出】

〘他ダ下二〙 =えりだす(選出)
※宇津保(970‐999頃)春日詣「和歌の題にすべき事、少しえりいで給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「選出」の解説

せん‐しゅつ【選出】

[名](スル)代表者などを選び出すこと。「議長を選出する」「ノミネート作品を選出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android