コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラカ Malaca; Malakē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラカ
Malaca; Malakē

スペイン南岸のフェニキアの植民市。現マラガ。対岸のアフリカとの通商貿易で知られ,フェニキア的特色を保持していた。その商工業 (主として魚類の保存) はローマの同盟市 (ソキイ ) となっても中断されなかった。他のスペインの諸都市とともにウェスパシアヌス帝 (在位 69~79) からラテン法を受けた。その現存する特許状はサルペンサのものと同じく,帝政期におけるラテン都市の地位を知る重要な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android