コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダルベルト あだるべると

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダルベルト
あだるべると
Adalbert
(955ころ―997)

ボヘミア貴族スラブニク家出身の聖職者。チェコ名ボイチェフVojtech。983年プラハ司教となり、ベネディクト派修道院を拠点にチェコ人のキリスト教化に努めたが、有力な貴族勢力と対立し、988年辞してローマ近傍の修道院に入った。992年教皇ヨハネス15世により再度プラハへ派遣されたが、同地での布教を困難とみて、ハンガリー、ついでポーランド、プロイセンへ移り、宣教した。親交のあったオットー3世(神聖ローマ皇帝)、ボレスワフ1世(ポーランド王)に支持されたが、997年4月23日ポメラニアで宣教の途上異教徒に殺され殉教し、聖者に列せられる。埋葬の地グニエズノGnieznoに1000年ポーランド大司教座が設置された。「プロイセンの使徒」とよばれる。[山本俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアダルベルトの言及

【ボイチェフ】より

…異教徒のプロイセン人に布教して殉教,チェコスロバキア,ポーランドなどで国民的聖人として尊敬されている。洗礼名はボイチェフだが,のちに師マクデブルク司教アダルベルトゥスAdalbertusの名をとり,西欧ではプラハのアダルベルトゥス(アダルベルトAdalbert)として知られている。983年にプラハ司教となったが,政治上の理由で職務を遂行できなくなり,990年ローマに逃れた。…

※「アダルベルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アダルベルトの関連キーワードイシュトバーン(1世)ハインリヒ[4世]ベレンガーリョ2世マリ・ルイーズE.U.R.ブレーメンハンブルクアーヘンテオドラショパン神話学レギノ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android