コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッペンツェルインナーローデン准州(読み)アッペンツェルインナーローデン(英語表記)Appenzell Inner-Rhoden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッペンツェルインナーローデン〔准州〕
アッペンツェルインナーローデン
Appenzell Inner-Rhoden

スイス北東部,アッペンツェル州南部の准州。ゼンティス山 (2501m) の北麓にある。行政の中心地はアッペンツェル。ランツゲマインデ (立法集会) もここで毎年4月に開催され,独自の直接民主制による議会制度を維持している。住民はほぼ全員がカトリックで,ドイツ語を話す。一般にきわめて保守的であるとされ,多くの古い習慣や風俗を保存している。牧畜および酪農が主で,刺繍などの繊維工業も重要。面積 172km2。人口1万 3573 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android