コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッペンツェル Appenzell

デジタル大辞泉の解説

アッペンツェル(Appenzell)

スイス北東部、アッペンツェルインナーローデン準州の州都。牧畜と酪農が盛ん。世界的に知られるアッペンツェラーチーズの産地。ランツゲマインデという伝統的な直接民主制の野外州民議会があり、1991年に初めて女性の参政権が認められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッペンツェル
あっぺんつぇる
Appenzell

スイス北東部の小さな山岳州アッペンツェル・インナーローデン準州の州都。人口5531(2001)。また、同準州とアッペンツェル・アウサーローデン準州を総称してアッペンツェル州という。アッペンツェル州は1513年に連邦に加盟したが、信教上の理由で1597年にアッペンツェル・インナーローデンとアッペンツェル・アウサーローデンの2準州に分かれた。前者はカトリック、後者はプロテスタントの住民が中心。アッペンツェルの町は、グラールスと同様に古来の直接民主制ランツゲマインデLandsgemeinde(野外州民議会)を保持していることで知られる。農村の中のこの州都を人々は「むら」Dorfの愛称でよぶ。毎年4月の最後の日曜日に州民によって広場で開かれるランツゲマインデや、家屋前面の華美な壁画で観光客を引き付けている。なお、アッペンツェル・インナーローデン準州は面積173平方キロメートル、人口1万5000。アッペンツェル・アウサーローデン準州は面積243平方キロメートル、人口5万3200、州都ヘリザウHerisauの人口1万5630(統計はすべて2001年)。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アッペンツェルの関連キーワードアッペンツェルインナーローデン准州アッペンツェルアウサーローデン准州アペンツェル・キャトル・ドッグザンクト・ガレンスイス史(年表)ザンクトガレン州スイスツーク

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android