アドオン式(読み)アドオンしき

精選版 日本国語大辞典の解説

アドオン‐しき【アドオン式】

〘名〙 (アドオンはadd on) 貸付金を割賦返済で回収するときの利息計算方法の一つ。元金利率と貸出期間を掛けて利息金額を算出し、この利息と元金の総和を均等分割返済するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報