コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総和 そうわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総和
そうわ

茨城県西端,古河市中部の旧町域。 1955年勝鹿村,岡郷村,桜井村,香取村の4村が合体して総和村となり,1968年町制。 2005年古河市,三和町と合体して古河市となった。南を利根川が流れ,米,野菜の栽培が行なわれる。首都圏の衛星都市として開発地域に指定され,機械工業の工場団地が造成され発展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐わ【総和】

全体を加えた数量。全体の合計。総計。「得点の総和を出す」「各県の人口の総和

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうわ【総和】

全部を加えた数。総計。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総和
そうわ

茨城県南西部、猿島(さしま)郡にあった旧町名(総和町(まち))。現在は古河(こが)市の中央部を占める地域。1955年(昭和30)香取(かとり)、桜井、勝鹿(かつしか)、岡郷(おかごう)の4村が合併して総和村が成立し、1968年町制施行。2005年(平成17)古河市に合併。旧町域は高度約15メートルの台地をなし平地林が多く、南端は利根(とね)川に臨む。国道4号、新4号バイパス、125号、354号が通じる。製鉄遺跡と古代の馬の放牧地が多く、近世は古河藩に属した。農業が主であった所で、茨城県ではもっとも早く近郊野菜産地となり、いまもハクサイ、ナス、キャベツ、カボチャは特産物。1961年に配電盤団地ができてから工業化が進み、さらに大工業団地2か所が造成された。食品、ガラス、機械工業が盛んである。住宅地も増加し東京通勤者が多い。鮭延(けいえん)寺には幽囚中この地で没した熊沢蕃山(くまざわばんざん)の墓(県指定史跡)がある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

総和の関連キーワードクリスチャン・フォン エーレンフェルス磁気回路におけるキルヒホッフの法則平均1人1日当たり栄養所要量ギブス‐デューエムの式トータル・フィアーズセクタースループットパウリのg不変規則総和則(量子力学)パウリのg総和規則力学的エネルギー運動量保存の法則人工ニューロン質量保存の法則慣性モーメント内部エネルギーゼロサムゲームチェックサムボーアの定理ゲシュタルト総顧客費用

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総和の関連情報