コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリア Adria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドリア
Adria

古代名アトリア Atriaまたはハドリア Hadria。イタリア北東部,ベネト州ロビゴ県の都市。ポー河口にウェネチ人エトルリア人によって建設され,のちにローマ人の都市となり,海運で繁栄した。アドリア海はこの都市の名に由来する。現在は土砂の堆積により 22km内陸に位置して,ポー川デルタの農工業と商業の中心となっている。人口2万 852 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アドリアの関連キーワードフェルナンド プレヴィターリディナル・アルプス[山脈]ガブリエル ダンヌンツィオスチェパン・トブルトコ1世アドリアノープル条約ディナル・アルプスM. ボンテンペリヨハネス(5世)ブリュエンニオスディナルアルプスギリシャ独立戦争ドゥブロブニクデ・ニッティスムラト(1世)ボンテンペッリボードアン1世リッチョーネイエニチェリブリンディジコルチュラ島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アドリアの関連情報