コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナセン・ネクセー Martin Andersen Nexφ

世界大百科事典 第2版の解説

アナセン・ネクセー【Martin Andersen Nexφ】

1869‐1954
デンマークの作家。アネルセン・ネクセ,アンデルセン・ネクセとも呼ばれる。首都コペンハーゲンのスラム街に生まれ,牧童,靴職人,教師を経て政治的闘争をテーマに文筆活動に入る。自己の少年時代を回想した《クモの巣》(1908)では社会のどん底に住む善良な兄弟が自立していくようすを温かく観察する。代表作《勝利者ペレ》(1906‐10),《人類の子ディッテ》(1917‐21)に,社会主義運動の成功者ペレと永遠の母の象徴としての女性を叙事詩的スケールで描き出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナセン・ネクセーの関連キーワードゴーリキー6月26日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android