コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナログ‐ディジタル変換 アナログディジタルへんかんanalogue‐digital converter

1件 の用語解説(アナログ‐ディジタル変換の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アナログディジタルへんかん【アナログ‐ディジタル変換 analogue‐digital converter】

連続変化量の関数であるアナログ電圧信号を受け,これに対応する離散的に符号化されたディジタル情報信号を送出すること。A‐D変換と略称されることが多い。この逆機能,すなわちディジタル符号情報を受けてこの符号の表す数値に比例する電圧信号を発生するものを,ディジタル‐アナログ変換(D‐A変換)と呼ぶ。 アナログ量の入力をディジタル化して出力する身近な例として家庭用の積算電力計がある。これは消費電力量を事務処理に適するkWh単位でくぎり,ディジタルに十進数字で表示する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアナログ‐ディジタル変換の言及

【入出力装置】より

…コンピューター内部では,これらをディジタル量,つまり有限桁の二進数で表す。したがって,これらを入力するときにはA-D変換(アナログ-ディジタル変換)が必要であり,これらを出力するときにはD-A変換(ディジタル-アナログ変換)が必要である(図1参照)。マウスも移動量というアナログ量を入力するアナログ入力装置である。…

※「アナログ‐ディジタル変換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone