コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナログ伝送 アナログでんそう analogue transmission

1件 の用語解説(アナログ伝送の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アナログでんそう【アナログ伝送 analogue transmission】

音声信号やテレビジョン信号のように,時間に対してその振幅が連続的に変化する電気信号をアナログ信号という。これに対して,アナログ信号を一定時間間隔で標本化し,その標本値を量子化して,離散的な数値系列として表した信号をディジタル信号という。データなどは,それ自体ディジタル信号と考えられる。アナログ信号は,アナログ‐ディジタル変換器によってディジタル信号に変換され,逆に,ディジタル‐アナログ変換器によってアナログ信号に戻される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アナログ伝送の関連キーワードRCA端子帯域テレビジョン音声多重放送テレビデジタル通信デジタルTVトーン信号有線テレビジョン放送法共同テレビジョン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナログ伝送の関連情報