アバウトネス(読み)あばうとねす(英語表記)aboutness

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

蓄積情報や検索質問の中で扱われている主題概念.表現されている重要概念は何かを示すものということができる.この何かの決定は,個人に依存し必ずしも客観的ではないので,アバウトネスは,著者,索引作成者,利用者など,情報や検索質問を取り扱う立場によって異なる.蓄積情報に関しては,著者アバウトネス,索引作成者アバウトネス,利用者アバウトネスに分けることができる.また,蓄積情報にはまったく関連せず,検索質問が何についてかのみを示す検索質問アバウトネスには,利用者アバウトネスと仲介者(例えば,レファレンス担当者)アバウトネスがあると考えることができる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android