コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバヒ あばひ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アバヒ
あばひ
avahi
[学]Avahi laniger

哺乳(ほにゅう)綱霊長目インドリ科の動物。1属1種の原猿で、マダガスカル島の固有種。体毛は灰褐色で、ふわふわと密に生え、頭胴長は約30センチメートル、尾長は40センチメートル前後である。インドリ科ではもっとも小形で、唯一の夜行性。顔は丸く、鼻口部は短い。目は大きく、周囲に淡色の部分がある。おもに葉を食べ、2~6頭の家族的な群れをつくる。昼間は樹上の葉の間で体を丸め、2~3頭が固まって眠っている。[上原重男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアバヒの言及

【原猿類】より

…かぎづめ,突出した鼻口部,マーキング行動など,霊長類以外の哺乳類と共通の原始的な諸特徴を備えているが,一方で,四肢の指のいくつかには平づめが認められ,親指と他の指を向きあわせること(拇指(ぼし)対向)が可能であり,立体視が可能であり,閉じた眼輪をもつなど,真猿類と共通の特徴をも保有している。アバヒAvahi,アイアイ,キツネザルは1産1子だが,1産2~3子の例も少なくない。妊娠期間もツパイのわずか40日をはじめとして真猿類より短く,ツパイ,キツネザルのように未発達の子どもを出産するものもある。…

※「アバヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報