尾長(読み)オナガ

大辞林 第三版の解説

おなが【尾長】

スズメ目カラス科の鳥。全長37センチメートル 内外で、そのうち尾が20センチメートル 以上を占める。頭部は黒く、背面は美しい灰青色、腹面は灰白色で、カラス科にしては華やかな羽色。雑食性で、雑木林にすむが、冬は人家の近くに集まる。群れをなして、大声で騒がしく鳴く。中国およびイベリア半島に分布し、日本では本州の東半分に生息。

びちょう【尾長】

哺乳類の外部形態を検討する際の基本的な計測項目の一つ。動物を腹を下にして寝かせ、尾を垂直に持ち上げ、尾の基部から先端までを測った長さ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尾長 (オナガ)

学名:Cyanopica cyana
動物。カラス科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾長の関連情報