コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバランシェ・フォトダイオード avalanche photodiode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバランシェ・フォトダイオード
avalanche photodiode

半導体中の電子なだれ増倍 (アバランシェ増倍) を利用して,増幅機能をもたせた光検出用ダイオード (→フォトダイオード ) 。 APDと略称される。半導体の禁制帯幅より大きいエネルギーの光を照射し,キャリアとして生じた自由電子と正孔が,逆方向の電圧を加えられたダイオード中でなだれ増倍されることにより,光を電気信号に変換すると同時に増幅するのが原理である。シリコンやゲルマニウムの APDでは 100以上の増倍率が得られる。 APDは応答速度が速いため,高い周波数 ( 1GHz=1×109Hz 以上) で変調された光の信号を検出できる。このため大容量の信号を伝送できる光通信用の検出器として APDは広く実用化されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アバランシェ・フォトダイオードの関連キーワードインジウムリン半導体光伝送システム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アバランシェ・フォトダイオードの関連情報