コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビソ Aviso

世界大百科事典 第2版の解説

アビソ【Aviso】

シュトラスブルク(現ストラスブール)発行の《レラツィオンRelation》と並んで,ドイツでもっとも古い週刊新聞とされる。1609年,10年,14年,24年刊行のものが現存。アビソとは遠方からの通信を意味する。ブラウンシュワイク侯の注文で,アウクスブルクの通信業者ハインホーファーPhilipp Hainhoferがニュースを収集,侯の御用印刷所のあったウォルフェンビュッテルで印刷されたと推定されるが,異説も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アビソの関連キーワードシュトラスブルクユーアビサイト音楽批評護衛艦週刊紙出版

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android