コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガニスタン国立博物館 アフガニスタンこくりつはくぶつかんMuzyam-Milli-Yi Afghanistan, Kabul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフガニスタン国立博物館
アフガニスタンこくりつはくぶつかん
Muzyam-Milli-Yi Afghanistan, Kabul

1919年にアマーヌッラー王が父王や叔父の収集品をバーグ・イ・バラ宮殿に収蔵したのを端緒として,22年に設立され,24年にカブール博物館として開館。設立時から,アフガニスタン政府との契約によりフランス考古学調査団発掘の遺物が加わる。 31年現博物館に移転。 65年頃,現名称に変更。ベグラーム,スルフ・コタルなどのクシャン王朝期の仏教遺物,イスラムおよびヒンドゥー教の遺物,貨幣類,民俗資料,アラビアやペルシアの写本などを収蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフガニスタン国立博物館の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android