コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガン・ハウンド[種] Afghan hound

翻訳|Afghan hound

世界大百科事典 第2版の解説

アフガン・ハウンド[種]【Afghan hound】

原産地がアフガニスタン獣猟犬(イラスト)。シナイ半島の山岳地帯が発祥地と推察されている。前4000‐前3000年の昔から存在した古代犬種の一つで,〈ノアの箱舟の犬〉という伝説もある。体高60~70cm,体重23~30kgの中型種。荒れた山岳地帯や砂漠を軽快に飛び回り,敏捷性の優れた,古代貴族の狩猟犬で,勇敢な騎士と称された。第1次世界大戦後,イギリス陸軍の将兵らが連れ帰って初めて西欧に紹介された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アフガン・ハウンド[種]の関連キーワード原産地

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android