コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフター・マーケティング アフター・マーケティングafter marketing

1件 の用語解説(アフター・マーケティングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

アフター・マーケティング【after marketing】

アフター・マーケティングとは、過去または現在の顧客に、継続した満足を提供する販売後のすべてのマーケティング・プロセスをいう。極めて重要な概念。アフター・マーケティングを実施するためには、背景に、カスタマー・ドリブン(顧客主導)という思想がなければならない。自社製品の購入者(顧客)は、個人別に識別され、価値を認識され、メッセージが伝えられ、満足度を問い合わせされ、必要とあれば常に応答が受けられなければならない。アフター・マーケティングの目標は、すべての顧客とリレーションシップを構築すること。顧客とのよい関係を永続的に構築することが最大の目的になる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone