コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフター・マーケティング アフター・マーケティング after marketing

1件 の用語解説(アフター・マーケティングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

アフター・マーケティング【after marketing】

アフター・マーケティングとは、過去または現在の顧客に、継続した満足を提供する販売後のすべてのマーケティング・プロセスをいう。極めて重要な概念。アフター・マーケティングを実施するためには、背景に、カスタマー・ドリブン(顧客主導)という思想がなければならない。自社製品の購入者(顧客)は、個人別に識別され、価値を認識され、メッセージが伝えられ、満足度を問い合わせされ、必要とあれば常に応答が受けられなければならない。アフター・マーケティングの目標は、すべての顧客とリレーションシップを構築すること。顧客とのよい関係を永続的に構築することが最大の目的になる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフター・マーケティングの関連キーワードネットマーケティング差別型マーケティング集中型マーケティングニッチ・マーケティングミクロ・マーケティング地域別マーケティング個別マーケティング関係性マーケティングマーケターソーシャルマーケティング

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone