コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフバーズ アフバーズAhvāz

1件 の用語解説(アフバーズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アフバーズ(Ahvāz)

イラン南西部の都市。フーゼスターン州の州都。カールーン川沿いに位置する。古くから交通の要衝であり、ササン朝時代にダムや灌漑(かんがい)が整備されて発展。20世紀初頭に油田が発見され、同国有数の工業地帯になった。また近郊には同国最大規模のアザデガン油田がある。酒についての詩で名高いアラブの詩人アブー=ヌワースの生地。アフワーズアハワーズ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアフバーズの言及

【アフワーズ】より

…イラン南部,カールーン川の下流に位置し,産油地帯であるフージスターン州の州都。ペルシア語ではアフバーズAhvāz。人口82万8000(1994)。…

※「アフバーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone