コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフバーズ(英語表記)Ahvāz

デジタル大辞泉の解説

アフバーズ(Ahvāz)

イラン南西部の都市。フーゼスターン州の州都。カールーン川沿いに位置する。古くから交通の要衝であり、ササン朝時代にダムや灌漑(かんがい)が整備されて発展。20世紀初頭に油田が発見され、同国有数の工業地帯になった。また近郊には同国最大規模のアザデガン油田がある。酒についての詩で名高いアラブの詩人アブー=ヌワースの生地。アフワーズアハワーズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフバーズの言及

【アフワーズ】より

…イラン南部,カールーン川の下流に位置し,産油地帯であるフージスターン州の州都。ペルシア語ではアフバーズAhvāz。人口82万8000(1994)。…

※「アフバーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android