コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・シルヒンディー Aḥmad Sirhindī

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・シルヒンディー【Aḥmad Sirhindī】

1564‐1624
インドの東部パンジャーブ,シルヒンド出身のイスラム神学者。幼少時,父から教育を受けていたが,長じて首都アーグラに出,アブール・ファズルやその兄アブール・ファイズ・ファイズイーらと交際した。のち,スーフィーの中でも伝統を重視するといわれるナクシュバンディー教団に入った。シーア派的思想が好まれていたジャハーンギール皇帝時代の宮廷で,彼は思想的に対立した。1619年,アーグラに喚問され,一時,グワーリオールの城砦に投獄された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アフマド・シルヒンディーの関連キーワード川中島の戦いキリシタン関係主要人名コックス寛永スピノラ三浦按針シェークスピアの生家グライツスアレスレガスピ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android