コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許し バカシ

デジタル大辞泉の解説

ばかし【許し】[副助]

[副助]《「ばかり」の音変化。話し言葉に用いられる》
おおよその程度を表す。ばっかし。「少し許し塩気が足りない」
限定の意を表す。ばっかし。「食卓には食事が並んで、あとは食べる許しだ」
(「…たばかし」の形で)動作が完了して間もない意を表す。ばっかし。「さっき来た許しだ」

ゆるし【許し】

(「聴し」とも書く)願いを聞き入れること。許可すること。「父の許しを得て上京する」
(「赦し」とも書く)罪・過失・無礼などをとがめないこと。容赦(ようしゃ)。赦免(しゃめん)。「罪の許しを請う」
芸道で、師から弟子に与える免許の一階級。「奥許し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

許しの関連キーワード油断は怪我の基死一等を減ずるさせていただく出来合夫婦打ち解け言打ち解け顔三世一身法つれなし顔許容応力帯刀御免何分にも這い蹲る回り知恵御免蒙る心腹の友初手許し免ずる許し状飼放し御許し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

許しの関連情報