アフマド・ブン・トゥールーン(英語表記)Ahmad b.Ṭūlūn

世界大百科事典 第2版の解説

835‐884
エジプトシリアを支配したトゥールーン朝の創始者。在位868‐884年。トルコ系の奴隷軍人を父としてアッバース朝軍内で頭角を現し,868年,エジプトに派遣されそこで実権を握る。アッバース朝の実力者ムワッファクとの闘争において,ムワッファクがザンジュの乱に忙殺されていたことに助けられ,シリアとエジプトに,アッバース朝の宗主権を認めながらも事実上独立した国家を建設した。彼の成功はトルコ人,スーダン人などからなる強力な奴隷軍と巧みな内政によるエジプトの経済力の向上が大きな要因となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアフマド・ブン・トゥールーンの言及

【トゥールーン朝】より

アフマド・ブン・トゥールーンの創始したエジプト・シリアにまたがる王朝。868‐905年。…

※「アフマド・ブン・トゥールーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報