コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ人権憲章 アフリカじんけんけんしょう Banjul Charter on Human and Peoples' Rights

2件 の用語解説(アフリカ人権憲章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ人権憲章
アフリカじんけんけんしょう
Banjul Charter on Human and Peoples' Rights

正式名称は「人及び人民の権利に関するバンジュル憲章」。 1981年6月,アフリカ統一機構 OAU第 18回首脳会議で採択,1986年 10月 21日発効。植民地支配に苦しんだアフリカ諸国の歴史をふまえ,植民地主義新植民地主義人種差別などに反対することを明らかにし,アフリカ諸国の連帯,統一の促進をうたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

アフリカ人権憲章

1981年6月27日、ケニアナイロビで開催されたアフリカ統一機構(OAU)の第18回首脳会議で採択された人及び人民の権利に関するアフリカ憲章をいう。86年10月21日に発効。アフリカの思想に基づいたアフリカ独自の人権条約であることを目指し、積極的にアフリカ文化の価値を保持・強化するものとし、アフリカの統一促進に貢献する個人の義務も定めている。また、植民地主義、新植民地主義、侵略的な外国の軍事基地、あらゆる形態の差別、などを除去するというアフリカ諸国の目標を確認している。さらに、自由権的・社会権的人権に加え、人民の自決権、天然の富と資源に対する権利、発展の権利平和的生存権、健全な環境を求める権利など、いわゆる第三世代の人権を規定している点に特色がある。憲章に定められた人権の増進を確保するため、11人の委員で構成される「人及び人民の権利に関する、アフリカ委員会」をOAU(現AU)内に設置。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカ人権憲章の関連キーワードケニア山トロロナイロビナイロビ国立公園ニュープロビデンス島ボーマスオブケニアナイロビの蜂レインボー戦隊ロビンプロビデンス号を知ろう館残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone