コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植民地主義 しょくみんちしゅぎ colonialism

翻訳|colonialism

4件 の用語解説(植民地主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植民地主義
しょくみんちしゅぎ
colonialism

植民地の獲得と維持・経営を推進する対外政策 (→植民地政策 ) 。資本主義の発達とともに列強は,自国産業の原料獲得,安価な労働力の獲得,資本・商品市場の獲得,軍事的・戦略的要地の獲得,自国勢力範囲の拡大などを目指して,植民地の獲得,領有にしのぎを削った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょくみんちしゅぎ【植民地主義 colonialism】

20世紀中葉にいたるまでの植民地帝国においては,植民地の領有と異民族支配は,当然で正当なことと広く意識されていた。この植民地支配を正当化するイデオロギーの特徴は次のように整理できよう。 第1に,植民地イメージの構成の面からみると,まず,宗主国社会の人々は19世紀中葉以降,アフリカなど植民地化された社会とそこに住む現地人に対して負の価値(〈未開〉〈野蛮〉〈後進〉〈停滞〉),宗主国には正の価値(〈文明〉〈信仰〉〈先進〉〈進歩〉)をおき,その両者を対比するような世界像を共有するにいたったといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょくみんちしゅぎ【植民地主義】

植民地を獲得・保持しようとする政策。コロニアリズム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植民地主義
しょくみんちしゅぎ
colonialism

植民地を獲得し、拡大しようとし、あるいは維持しようとする政策あるいは支配の方法、またはそれを支える思想。植民地には、自民族の移住を目的とするものと、異民族を政治的・経済的支配下に置くものという区別がある。近代に入ってヨーロッパ資本主義は海外の植民地を拡大してきた。この植民地の存在が資本主義の発展のための重要な条件であった。植民地支配の方法として、宗主国国民と植民地先住民との風俗習慣の相違、法意識の差違、政治意識の格差などを利用することや、先住民の抵抗に対しては暴力をもって抑えることなどがとられた。
 植民地主義ということばは帝国主義と同じような意味でも用いられる。しかし、帝国主義ということばが、独占段階にある資本主義国をさす意味で固定的に用いられるのに対して、植民地主義ということばは、植民地保有国であればどのような国に対しても、比較的に自由に用いられる。しかし、植民地主義ということばは、植民地の独立が国際的に一般的となった現在では、否定的な意味で用いられるようになってきている。
 1960年、第15回国連総会は「植民地諸国・諸民族に対する独立付与に関する宣言」を採択し、「外国による人民の征服、支配および搾取は、基本的人権の否認である」ことを宣言し、植民地主義を非難した。こうして植民地主義は国際的にアナクロニズムとなっているが、しかし新植民地主義とよばれるものもこのころから問題となった。
 新植民地主義とは、先進資本主義国が植民地主義の新たな形態として採用したものである。これは植民地であった諸地域に名目上の独立を与えながら、実質的に旧来の支配を続けようとする政策であり、とくにアフリカにおいて顕著であった。すなわち、以前の植民地主義を表面的には否定しながら、経済援助などの名目で支配・従属関係を再編成しようとするのである。[斉藤 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の植民地主義の言及

【アフリカ】より

… 19世紀に入る前後にはじまり,19世紀半ば以降に本格化したキリスト教の組織的な布教活動も,キリスト教そのものをアフリカに広めようという目的のほかに,教育活動や医療活動を通じて奴隷貿易の罪を少しでも償おうという目的をもっていたことは,ほぼ間違いない。しかし本来善意から出発したはずのキリスト教布教団の活動も,しだいに,そして知らず知らずのうちに,ヨーロッパ植民地主義勢力の水先案内人的な部分を含むようになっていった。実際,19世紀半ば以降のアフリカで最も精力的かつ大規模に布教活動を行った勢力のうち,カトリックを代表するのはフランスであり,プロテスタントを代表するのはイギリスであったが,このことは,きたるべきアフリカ分割の結果,この両国が最も広大な植民地を獲得した事実と符合していて,まことに興味深い。…

【新植民地主義】より

… 19世紀,欧米や日本の帝国主義列強はアフリカ,アジア,ラテン・アメリカ地域を植民地,半植民地,従属国として従属下においた。帝国主義列強がこれらの地域を支配する国家的従属の総体は〈帝国主義の植民地体制〉と呼ばれ,植民地領有国による植民地に対する政治的支配,経済的搾取,軍事的隷属,文化的圧迫の体系は〈植民地主義〉と呼ばれる。第2次世界大戦後,1950年代にかけてアジア諸国が独立し,50年代末から60年代にかけてアフリカ諸国が独立したことによって,帝国主義の植民地体制は崩壊した。…

※「植民地主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植民地主義の関連キーワードアメリカ独立革命アンナン新植民地主義明法道穀物法半植民地民族解放戦争《アメリカ史の植民地時代》上高地帝国ホテル植民地帝国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植民地主義の関連情報