コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ難民 アフリカなんみん African Refugees

2件 の用語解説(アフリカ難民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ難民
アフリカなんみん
African Refugees

アフリカ大陸諸国における内戦,民族紛争人権侵害,千魃,飢餓などが原因で自国を追われ,他国に庇護を求める人々。国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) の統計によると,2002年1月1日現在アフリカ難民の総数は約 330万人に上る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

アフリカ難民

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の発表によると、2005年1月現在、全世界の難民・国内避難民は約1920万人で、アフリカは約455万人でアジアに次ぎ第2位となっている。主要原因は、継続中の内戦と過去の内戦の後遺症で、後者に関してはUNHCRが本国帰還を積極的に推進している。出身国別にみると、東部アフリカではダルフール危機が続くスーダン難民が最も多く73万人、内戦が続くソマリア難民が38万9000人(第4位)、中部アフリカではブルンジ難民48万6000人(第2位)、同じくコンゴ民主共和国難民46万2000人(第3位)、西アフリカでは内戦終結後も依然残るリベリア難民33万5000人(第5位)となっている。以下難民数の多い国は、エリトリアルワンダエチオピアチャドシエラレオネ南部アフリカでは、ザンビアが周辺のアンゴラ、コンゴ民主共和国、ブルンジ、ルワンダからの難民を受け入れ、その数は28万人となっている。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカ難民の関連キーワードIROアナン高等弁務官国連難民高等弁務官事務所インドシナ難民国際連合難民高等弁務官事務所国際連合人権高等弁務官事務所国連人権高等弁務官事務所シリア難民難民高等弁務官

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ難民の関連情報