コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連難民高等弁務官事務所 こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょOffice of the United Nations High Commissioner for Refugees

6件 の用語解説(国連難民高等弁務官事務所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連難民高等弁務官事務所
こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ
Office of the United Nations High Commissioner for Refugees

略称 UNHCR第2次世界大戦直後に設けられた戦時難民救済のための国際難民機関 IROの業務を引継ぐため,1951年1月,ジュネーブに設立された国連経済社会理事会の特別機関。臨時の機関であったが,任期の更新により事実上の常設機関になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

国連難民高等弁務官事務所

1950年に国連総会が設立し、翌年活動を開始した難民保護機関。本部ジュネーブ。5年ごとに存続が更新され、当面は2008年末まで。基本的任務は51年の難民の地位に関する条約に沿って、難民に避難先での雇用や教育などの面で法的保護を与えることだが、本国への自発的帰国や第三国への定住の手助けもする。過去数年、対象とする難民その他の避難民は約2000万人。116を超える国で260以上の事務所を展開し、スタッフは6000人を超える。紛争の増加に伴い、予算もふくらむ傾向にあり、最近では年間12〜13億ドル。各地で活動するが、ここ数年は特にアフガニスタン難民の帰還、イラク難民のケアのほか、スーダン・ダルフール、レバノンでの緊急救援活動にも全力をあげている。54年と81年にノーベル平和賞受賞。91年から00年末まで、日本の緒方貞子高等弁務官を務めた。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐なんみんこうとうべんむかんじむしょ〔‐ナンミンカウトウベンムクワンジムシヨ〕【国連難民高等弁務官事務所】

ユー‐エヌ‐エッチ‐シー‐アール(UNHCR)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国連難民高等弁務官事務所【こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ】

国連経済社会理事会の特別機関。United Nations High Commissioner for Refugees,略称UNHCR。1951年設立。当初は臨時機関だったが,のち国際難民機関の任務を継承。
→関連項目国際連合難民条約ノーベル平和賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ【国連難民高等弁務官事務所 Office of the United Nations High Commissioner for Refugees】

難民の国際的保護のための国際連合の機関。略称UNHCR。1950年12月14日の国連総会決議にもとづき設置され,それまで難民問題を担当し,51年に解散した国際難民機関(IRO)の事業を引き継いだ。高等弁務官は,その権限の範囲内にある難民に対して国連の権威の下に国際的保護を与え,これら難民の自発的帰国または新しい国家社会への同化を容易にするために援助することにより,難民問題の恒久的解決を図り,また難民に法的,物的両面での保護,救済を与えることを目的とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連難民高等弁務官事務所
こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ
Office of the United Nations High Commissioner for Refugees

略称UNHCR。1949年12月の国連総会決議によって設立が決定され、1951年1月1日に発足した国連の機関で、難民の保護と、難民問題の永続的解決の促進とを目的としている。高等弁務官の仕事は完全に非政治的性格のもので、人道的かつ社会的でなければならず、また原則として、難民のグループ(集団)およびカテゴリー(部類)に関係するものでなければならない。しかし1971年以降は、定義上は難民とはいえないが、難民同様の状況にあり国際的援助を必要とする、住むべき土地を奪われた流民のための特別活動を行ってきている。難民・流民のための救済基金は、各国政府や民間からの自発的醵金(きょきん)に頼っており、近年では15億ドルに達している。もっとも難民の多いのはアフリカで、多くは国連難民高等弁務官が運営する難民キャンプで生活している。ジュネーブの本部のほか、世界の約200か所に事務所がある。1954年および1981年の2回にわたりノーベル平和賞を受賞した。1991~2000年、日本の緒方貞子(おがたさだこ)が国連難民高等弁務官(第8代)を務めた。[芹田健太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国連難民高等弁務官事務所の言及

【児童福祉】より

…また世界の児童の保健問題については世界保健機関(WHO)が飢饉や戦乱で食糧危機にみまわれた児童の援護に当たり,飢餓状態の人々に対しては世界食糧理事会(WFC)や国連食糧農業機関(FAO)が介入する。今日戦争や政変が人間の生存条件を奪い,難民を生む中で,難民児童に援助の手をさしのべているのは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)である。 一方,民間サイドの国際児童機関としては国際養子縁組で長い歴史をもつ国際社会事業団(ISS)や,児童の救護事業にかかわる国際赤十字や,児童福祉の国際的連絡調整機関である国際児童福祉連合(International Union for Child Welfare)がある。…

【難民】より

…これに対し,1921年以来国際連盟は難民問題の解決を図るための努力をしてきた。この事業は国際連合に引き継がれ,51年国連難民高等弁務官事務所UNHCRが設置され,7月には難民の保護が具体的に守られるようになった(難民の地位に関する条約)。UNHCR設置の背景には,第2次大戦中のヨーロッパの難民が4050万人にも及んだという事実が大きく働いている。…

※「国連難民高等弁務官事務所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国連難民高等弁務官事務所の関連キーワード平和構築アフリカ難民イラク難民の大量流出ハーグ・プログラム人道支援人道援助国連人道問題調整事務所OCHA国境なき記者団RSF

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連難民高等弁務官事務所の関連情報