コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブストラクト・バレエ abstract ballet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブストラクト・バレエ
abstract ballet

抽象バレエ。筋や物語によらず,バレエ技法に従った身体の動きだけで全編が構成されている作品。衣装もレオタードタイツだけで踊られることが多い。 20世紀に開発されたバレエ様式で,G.バランシン振付の『セレナード』『ハ長調交響曲』『アゴン』,F.アシュトン振付の『交響変奏曲』,J.ロビンス振付の『インタープレー』など秀作がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブストラクト・バレエの関連キーワードバランチン抽象バレエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android