コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブストラクト・バレエ abstract ballet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブストラクト・バレエ
abstract ballet

抽象バレエ。筋や物語によらず,バレエ技法に従った身体の動きだけで全編が構成されている作品。衣装もレオタードタイツだけで踊られることが多い。 20世紀に開発されたバレエ様式で,G.バランシン振付の『セレナード』『ハ長調交響曲』『アゴン』,F.アシュトン振付の『交響変奏曲』,J.ロビンス振付の『インタープレー』など秀作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブストラクト・バレエの関連キーワードバランチン抽象バレエ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android