アブミ骨(読み)あぶみこつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アブミ骨」の解説

アブミ骨
あぶみこつ

中耳にある3個の耳小骨の一つ。乗馬具の鐙(あぶみ)の形をしているのでこの名がある。鐙の足をのせる部分にあたるアブミ骨底は、中耳内壁の前庭窓にはまり込み、アーチ形の二つの骨の結合点であるアブミ骨頭はキヌタ骨と関節結合をしている。鼓膜の振動はツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨を伝わり、アブミ骨底から前庭窓を介して内耳のリンパに伝えられる。

[嶋井和世]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アブミ骨」の解説

アブミ骨
アブミこつ
stapes

鼓室内にある耳小骨の一つ。アブミ () の形をしていることからこの名がある。内耳に最も近く存在し,アブミ底骨は鼓室内壁にある前庭窓に接し,耳小骨の一つであるキヌタ骨ツチ骨とともに,鼓膜からの振動を受けて内耳に伝えている。このアブミ骨にはアブミ骨筋が付着していて,強すぎる振動が内耳に伝わる恐れのあるときは,反射的に収縮してアブミ骨の振動を抑える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android