前庭窓(読み)ぜんていそう(英語表記)fenestra vestibuli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「前庭窓」の解説

前庭窓
ぜんていそう
fenestra vestibuli

卵円窓ともいう。中耳内耳との交通路にあたり,中鼓室と内耳の前庭との間の骨孔をいう。ここにアブミ骨がはまっており,鼓膜振動がここで内リンパの振動に変えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「前庭窓」の解説

ぜんてい‐そう ‥サウ【前庭窓】

〘名〙 中耳の鼓室の内耳側の壁にある小孔。中耳ではあぶみ骨に連なっており、内耳の前庭へ通ずる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の前庭窓の言及

【中耳】より

…中耳と内耳は二つの窓でつながっている。一つの窓(卵円窓,前庭窓ともいう)にはあぶみ骨が,他の一つ(正円窓,蝸牛窓ともいう)には薄い膜があって,鼓膜の振動にうまく応ずる構造になっている。中耳の急性の炎症は急性中耳炎で,原因は耳管を通じて咽頭から入った細菌による炎症である。…

【耳】より

…こうした軟骨魚類の状態は,すべての脊椎動物の原型的な一段階を代表していると考えられており,両生類以上の動物の中耳の空所は,軟骨魚類の呼吸孔と相同のものと結論されるのである。 魚類から進化した両生類では,えらを失って陸生動物になるに伴い,もとの舌顎軟骨が変形して呼吸孔の空所に移り,外表の鼓膜と内耳の卵円窓(前庭窓)とをつなぐ耳小骨(これをとくに〈耳小柱〉と呼ぶ)になる。鼓膜は,呼吸孔の外口が開口せず,皮膚の膜として残ったものと考えられる。…

※「前庭窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android