コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ハーシム アブー・ハーシム Abū Hāshim

1件 の用語解説(アブー・ハーシムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ハーシム
アブー・ハーシム
Abū Hāshim

8世紀初頭,ウマイヤ朝下,シーア派の分派であるカイサーン派イマーム。父は同派の始祖のムハンマド・イブヌル・ハナフィーヤ。伝説によれば,ウマイヤ家の者に毒殺されたが,死に際してイマーム位をアッバース家 (→アッバース朝 ) のムハンマド・イブン・アリーに移譲したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアブー・ハーシムの言及

【イマーム】より

…反乱が鎮圧され,700年にムハンマドが没した後,カイサーン派の主流はムハンマドが隠れイマームとなり,最後の審判の日に地上に再臨して正義と公正とを実現すると説いた。他の者は,ムハンマドのイマーマは息子のアブー・ハーシムAbū Hāshim(?‐716)に伝えられ,彼は716年の死の直前,それをアッバース家のムハンマドMuḥammad b.Alī(?‐743)に譲ったと主張した。その後アッバース家の当主はイマームと称したが,サッファーフがカリフの位につくに及び,イマームという称号をやめた。…

※「アブー・ハーシム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブー・ハーシムの関連キーワードウマイヤ朝カルバラーザイド派マイヤベーアウマイヤドモスクイラクのスンニ派、シーア派シーア派とスンニ派アブド・アッラフマーン[1世]アブド・アッラフマーン(ウマイヤ朝)マンスール(ウマイヤ朝)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone