コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ウバイド・アルカーシム Abū ‘Ubayd al‐Qāsim

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ウバイド・アルカーシム【Abū ‘Ubayd al‐Qāsim】

770‐837?
アラブの辞書学者,法学者。ギリシア人奴隷を母として,ヘラートに生まれ,のちバスラで学び,イブン・ターヒル(798‐844?)に仕え,トルコのタルススの裁判官となった。コーラン,ハディース,法学などに関する20種余の著書のうち5種が現存する。なかでも40年かかって完成したといわれる博物誌的辞書《Gharīb al‐muṣannaf》は有名で,1000項目,1200の例証からなる大著である。【池田 修】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・ウバイド・アルカーシムの関連キーワード中村佐織宝亀髙橋尚子田中千裕ハリー彗星称徳天皇平王称徳天皇孝謙天皇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android