アブー・ウバイド・アルカーシム(英語表記)Abū ‘Ubayd al‐Qāsim

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ウバイド・アルカーシム【Abū ‘Ubayd al‐Qāsim】

770‐837?
アラブの辞書学者,法学者。ギリシア人奴隷を母として,ヘラートに生まれ,のちバスラで学び,イブン・ターヒル(798‐844?)に仕え,トルコのタルススの裁判官となった。コーラン,ハディース,法学などに関する20種余の著書のうち5種が現存する。なかでも40年かかって完成したといわれる博物誌的辞書《Gharīb al‐muṣannaf》は有名で,1000項目,1200の例証からなる大著である。【池田 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android