コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ウバイド・アルカーシム Abū ‘Ubayd al‐Qāsim

1件 の用語解説(アブー・ウバイド・アルカーシムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ウバイド・アルカーシム【Abū ‘Ubayd al‐Qāsim】

770‐837?
アラブの辞書学者,法学者。ギリシア人奴隷を母として,ヘラートに生まれ,のちバスラで学び,イブン・ターヒル(798‐844?)に仕え,トルコタルスス裁判官となった。コーランハディース,法学などに関する20種余の著書のうち5種が現存する。なかでも40年かかって完成したといわれる博物誌的辞書《Gharīb al‐muṣannaf》は有名で,1000項目,1200の例証からなる大著である。【池田 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・ウバイド・アルカーシムの関連キーワード中村佐織宝亀髙橋尚子田中千裕平王孝謙天皇藤原良継孝謙天皇光仁天皇啖助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone