コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベデネゴ Abednego

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベデネゴ
Abednego

旧約聖書の『ダニエル書』に登場する人物。 Abednegoはアッカド語 Abdi-nabu,すなわちバビロンの知恵の神「ネボ」が転訛したもので,「ネボのしもべ」の意。ネブカドネザル王の宦官の長アシペナズがダニエルの3人の友人の一人であるアザリヤに与えたバビロニア名。3人の友人とはシャデラク,メシャク,アベデネゴで,常に一緒に,また同じ順序で記されている。『ダニエル書』1章ではこの3人の同輩が律法の規定に従って王の食物を食べず,菜食生活を続け王の信頼を受ける話が,3章では彼らが王の建てた金像を礼拝しなかったというので,燃える火の炉に投げこまれたが,無事に救い出され,王は彼らの神を賛美するという話が記されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アベデネゴの関連キーワード旧約聖書

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android