コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッカド語 アッカドごAkkadian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッカド語
アッカドご
Akkadian language

前 3000年頃から紀元頃まで,メソポタミアで用いられていた言語。アフロ=アジア語族のセム語派に属し,単独で北東セム語をなす。前 2000年頃からアッシリア語バビロニア語の二大方言に分れたため,アッシリア=バビロニア語ともいわれる。セム語のうち年代的に最古のものであるが,セム祖語の面影はあまりとどめていない。これはセム祖語から最初に分れ,しかも系統関係の不明なシュメール語の影響を受けたためと考えられている。シュメール人から受継ぎ発展させた楔形文字で書かれ,最古の文献は前 2800年頃。前7~6世紀に徐々にアラム語に圧倒された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アッカド語【アッカドご】

古代メソポタミアで用いられた言語で北東セム語(セム語族)に属する唯一のもの。Akkadian。現在は死語。最古の記録は前2800年ころにさかのぼる。アッシリア語(北方)とバビロニア語(南方)の二大方言に分かれる。
→関連項目ギルガメシュ叙事詩シュメール語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッカドご【アッカド語 Akkadian】

最古のセム語であり,現在最もよく理解されているセム語の一つ。東方セム語を代表する唯一の言語で,その表記には楔形文字であるシュメール文字が,一部は表意文字として,しかし通常は表音文字として用いられる。最古のアッカド語は,ファラ(古代のシュルッパク)やアブー・サラビク出土の粘土板に現れる人名から知られるが,アッカド語で書かれた文書が現れるのは前3千年紀の半ばころ以後である。最後のアッカド語文書は後74か75年のものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッカド語
あっかどご
Akkadian

古代メソポタミア地方で使われた言語。セム語族に属し、そのなかでは北東セム語派を形成する。北西部(アッシリア)と南東部(バビロニア)の2方言に分かれ、アッシリア・バビロニア語とも称されるが、もっとも早く(前2300年ごろ)統合の中心となった都市アッカドの名によって総称される。記録資料は紀元前三千年紀なかばから1世紀にまで及び、楔形(くさびがた)文字で記されている。[田中利光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アッカド語の関連キーワードバビロニア=アッシリア文学ティグラトピレセル[3世]シン(メソポタミアの神)イシュタルの冥界下降H. ヴィンクラーアフロアジア語族サルゴン[2世]サルゴン(1世)エヌマ・エリシュ西セム音節文字ハンムラピ法典ハンムラビ法典センナヘリブローリンソンアマルナ文書ディルムンバーレーンタンムーズシャマシュカルデア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android