コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベルタスマン国立公園 アベルタスマンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

アベルタスマン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アベルタスマン国立公園】

Abel Tasman National Park》ニュージーランド南島北端付近にある国立公園。名称は、1642年にヨーロッパ人として初めてニュージーランドを発見した探検家タスマンにちなむ。入り組んだ海岸線と深い原生林で知られる。面積230平方キロメートル。同国では最小規模だが、訪問者数は最も多い。主な観光拠点はマラハウ、またはモツエカエイベルタスマン国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アベルタスマン国立公園の関連キーワードエイベルタズマン国立公園ゴールデンベイ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android