コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベルタスマン国立公園 アベルタスマンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

アベルタスマン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アベルタスマン国立公園】

Abel Tasman National Park》ニュージーランド南島北端付近にある国立公園。名称は、1642年にヨーロッパ人として初めてニュージーランドを発見した探検家タスマンにちなむ。入り組んだ海岸線と深い原生林で知られる。面積230平方キロメートル。同国では最小規模だが、訪問者数は最も多い。主な観光拠点はマラハウ、またはモツエカエイベルタスマン国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アベルタスマン国立公園の関連キーワードエイベルタズマン国立公園ゴールデンベイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android