コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベルタスマン国立公園 アベルタスマンコクリツコウエン

1件 の用語解説(アベルタスマン国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アベルタスマン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アベルタスマン国立公園】

Abel Tasman National Park》ニュージーランド南島北端付近にある国立公園。名称は、1642年にヨーロッパ人として初めてニュージーランドを発見した探検家タスマンにちなむ。入り組んだ海岸線と深い原生林で知られる。面積230平方キロメートル。同国では最小規模だが、訪問者数は最も多い。主な観光拠点はマラハウ、またはモツエカ。エイベルタスマン国立公園。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベルタスマン国立公園の関連キーワードアベルアーベルポッセHNSケインとアベルキオプテライトAbelAbel,J.J.Nation of Islammost-favoured-nation clause