コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベロン県 アベロンAveyron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベロン〔県〕
アベロン
Aveyron

フランス南部,ミディピレネーズ地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 南部にあり,県域は旧ルエルグ伯領 (11世紀にツールーズ伯領に併合) にほぼ該当する。県都ロデーズ。北東部のロト川とその支流トリュイエールの峡谷に刻まれたビアデーヌ台地では牧畜が行われる。この南側にアベロン川右岸のコース (石灰岩質の台地) が帯状に連なり,左岸は,結晶岩質から成る古生代の台地および丘陵地。タルン川左岸はコース地帯で,グラン (大) コースと呼ばれ,ジョント,ドゥルビの峡谷がある。土地がやせているため農業は不振。県北部のドカーズビルの採炭,ミヨーの手袋を主とする皮革加工,アベロン川,トリュイエール川の水力発電などがおもな工業活動。タルンの峡谷をはじめ有名な観光地が多く,観光産業の重要性が増している。 1799年,県内の森林地帯でアベロンの野生児が発見されたことでも知られる。面積 8735km2。人口 27万 141 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アベロン県の関連キーワードピエール スーラージュA. ペールフィットスーラージュファーブル

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android