コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペラ アペラ apella

1件 の用語解説(アペラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アペラ
アペラ
apella

古代ギリシアスパルタの民会。初め王,のちにエフォロスの司会によって運営され,30歳以上のスパルタの全市民から成る国政の最高決議機関。宣戦講和,条約締結を含む外交政策王位継承軍司令官の任命,エフォロスや長老会員の選出,法改正などを決定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアペラの言及

【民会】より

…アゴラは〈集まる〉という意味の動詞に由来する語で,民会の行われる場所もこの名で呼ばれた。ポリス成立後の市民総会はホメロスのアゴラの性格を継承し,アテナイではエクレシアekklēsia,スパルタではアペラapella,その他のドリス人ポリスではハリアhaliaまたはハリアイアhaliaia,デルフォイやテッサリアではアゴラと呼ばれた。王政・貴族政の時代には王や貴族の権力が強く,全市民の総会が定期的に開かれたかどうかは明らかでなく,開かれた場合も王や貴族の提案を聞くためであったようにみえる。…

※「アペラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アペラの関連キーワードスパルタラコニアスパルタ式パルナソス民会Σπάρτηスパルタの黄金を探せ!ギリシア喜劇《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アペラの関連情報