コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポガミー アポガミーapogamy

翻訳|apogamy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポガミー
apogamy

無配生殖。植物での広義の単為生殖の一形式で,卵細胞以外の配偶体の細胞 (助細胞など) が精核を受けずに,単独で発育して植物体ができること。出発点が単相核の細胞であるところの生殖的無配生殖と,複相核から出発する栄養的無配生殖があり,シダ類では自然に生じる例も多いが,ニラその他の種子植物でもみられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアポガミーの言及

【胞子】より

…世代交代を行う植物では胞子体から胞子を経て配偶体に交代するが,胞子を経ずに無胞子生殖aposporyによって胞子体の一部が配偶体になる場合もある。またアポガミー(無配生殖)を行う植物では,胞子がつくられるとき減数分裂しないか,しても染色体の倍化も起こり,胞子体と同じ核相をもつようになり,それからできる配偶体も同じ核相である。種間の交雑によってできた雑種が不稔の場合は,それからできる胞子はふつう形は異常かつ不定形で,発芽能力も著しく低い。…

【無配生殖】より

…英語そのままにアポガミーと呼ばれることも多い。配偶体上において,配偶子囊内で形成された配偶子が合体して次世代の胞子体をつくるのが正常であるが,配偶体の細胞が単独で発生を行って胞子体をつくって単為生殖をすることがあり,これを無配生殖という。…

※「アポガミー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アポガミーの関連キーワードヒメカナワラビ(姫鉄蕨)メヤブソテツ(雌藪蘇鉄)シロヤマシダ(城山羊歯)ミヤマワラビ(深山蕨)ヤブソテツ(藪蘇鉄)アポミクシス