コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無配生殖 むはいせいしょくapogamy

翻訳|apogamy

世界大百科事典 第2版の解説

むはいせいしょく【無配生殖 apogamy】

英語そのままにアポガミーと呼ばれることも多い。配偶体上において,配偶子囊内で形成された配偶子が合体して次世代の胞子体をつくるのが正常であるが,配偶体の細胞が単独で発生を行って胞子体をつくって単為生殖をすることがあり,これを無配生殖という。また被子植物で,胚囊の卵細胞以外の細胞の単為生殖による場合(助細胞から発生するヒナノシャクジョウや反足細胞から発生するニラなどの例がある)を生殖的無配生殖meiotic apogamyということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無配生殖の関連キーワードセイタカアワダチソウ(背高泡立草)ベニシダ(紅羊歯)ハチジョウシダナガサキシダアポミクシスヤブソテツイタチシダヤブマオ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android