無配生殖(読み)むはいせいしょく(英語表記)apogamy

翻訳|apogamy

世界大百科事典 第2版の解説

むはいせいしょく【無配生殖 apogamy】

英語そのままにアポガミーと呼ばれることも多い。配偶体上において,配偶子囊内で形成された配偶子が合体して次世代の胞子体をつくるのが正常であるが,配偶体の細胞が単独で発生を行って胞子体をつくって単為生殖をすることがあり,これを無配生殖という。また被子植物で,胚囊の卵細胞以外の細胞の単為生殖による場合(助細胞から発生するヒナノシャクジョウや反足細胞から発生するニラなどの例がある)を生殖的無配生殖meiotic apogamyということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android