コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無配生殖 むはいせいしょくapogamy

翻訳|apogamy

世界大百科事典 第2版の解説

むはいせいしょく【無配生殖 apogamy】

英語そのままにアポガミーと呼ばれることも多い。配偶体上において,配偶子囊内で形成された配偶子が合体して次世代の胞子体をつくるのが正常であるが,配偶体の細胞が単独で発生を行って胞子体をつくって単為生殖をすることがあり,これを無配生殖という。また被子植物で,胚囊の卵細胞以外の細胞の単為生殖による場合(助細胞から発生するヒナノシャクジョウや反足細胞から発生するニラなどの例がある)を生殖的無配生殖meiotic apogamyということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

無配生殖の関連キーワードセイタカアワダチソウ(背高泡立草)ベニシダ(紅羊歯)ハチジョウシダナガサキシダアポミクシスヤブソテツイタチシダヤブマオ

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android